処置をする前に!!

・様々な種類の汚れに対して共通の注意点はこすらないことです。
こすってしまうことで汚れが繊維に入り込み、簡単には落とせなくなります。
汚れの上に布をあて、軽く上から叩くようにしてください。

溶剤を直接塗布することで色落ちをする可能性がありますので、
目立たないところに溶剤を付けて問題が無いか確認してください

・溶剤が手に付いたりした場合、手荒れを起こしたりかぶれたりする事があります。
溶剤の種類に関わらず、念のためゴム手袋をつけて処置をしていただく事をおすすめします。

・溶剤を使いすぎると汚れは取れても、溶剤で新たなシミを作ってしまうことになります。
素材を傷めないためにも、分量、濃度は少しずつ増やしていただくことをお勧めします。

・時間が経てば経つほど汚れは落ちにくくなります。
完全に汚れが定着する前に対処できれば、元の美しい状態に限りなく近付きます。

・様々な状況がありますが、汚れに応じた適切な対応をしていただく事が何より大切です。
落ち着いてまずは汚れの種類を確認しましょう。。



Copyright (C) 2005 USfurniture. All Rights Reserved.